<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

一体誰がいつのまに…「こち亀」麗子像が真っ直ぐに(産経新聞)

 東京都葛飾区亀有のJR亀有駅前にある人気漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の登場人物「麗子」の銅像が傾いているのが見つかった事件で、像が元の直立した状態に戻されていたことが24日、同区などへの取材で分かった。

 同区によると、22日昼ごろ、近くを通りかかった区職員が像が直立の状態に戻っているのを見つけた。像は19日、何者かによってひざ上から曲げられ、左に傾いていることが発覚。区が20日に被害届を出し、亀有署が器物損壊容疑で捜査していた。

 像は区などが今後修理する予定。亀有地区商店街協議会の佐藤尚吾さん(45)は「誰が元に戻したか分からないが、不思議で驚いた。『こち亀』はみんなの宝物なので大切にしてほしい」と話している。

【関連記事】
今度は「麗子」像が傾く 「こち亀」キャラクター像
こち亀「両さん像」壊した男、器物損壊容疑で書類送検
マラカス返せ! 「こち亀」両さん像壊される
香取両さん、“敵地”お台場でドラマPR
「こち亀」豪華ゲスト!初回はビートたけし
虐待が子供に与える「傷」とは?

<義母刺す>容疑の中国籍の女逮捕 静岡・焼津(毎日新聞)
空中戦、どぶ板選挙を粉砕 橋下新党初勝利の衝撃(産経新聞)
チラシ無償で20万枚…亡き子思い捜査協力(読売新聞)
300mひきずり死、自転車ごと火花散らし(読売新聞)
<フェアユース規定>新聞協会など14団体が意見書(毎日新聞)
[PR]
by ou6lhbala6 | 2010-05-29 01:59

色とりどりのバラ見ごろ、港の見える丘公園(産経新聞)

 港の見える丘公園(横浜市中区)にあるローズガーデンで、バラの花が見ごろを迎え、訪れた人々の目を楽しませている。赤、ピンク、黄色などの色彩豊かなバラは、お互いに美しさを競い合っているかのよう。

 ローズガーデンには約80種、1800株のバラが植えられている。同市西区から訪れた会社員女性(25)は「毎年この時期に写真を撮りに来ています。今年は天気が不安定でしたが、無事に咲いてくれたようですね」と笑顔を見せた。

【関連記事】
バラ色の門出を祝福 福山ばら祭開幕
白兎海岸のハマナスが見ごろ
インド“光合成男”大論争! 驚愕の新情報も
折り紙で小山をPR 栃木
萬田久子、家の庭に「蛍飛ばしています」
少子化を止めろ!

非常勤講師がリポート代行=有料、HP上で募る―桃山学院大(時事通信)
自民、小沢氏の証人喚問要求=社民「捜査見守る」(時事通信)
元名人に中止命じる=集合住宅の猫餌やり訴訟−東京地裁支部(時事通信)
B型肝炎訴訟、国側が和解協議入り表明(読売新聞)
民主党、政策アンケート公表 子ども手当は「現行のままで」(産経新聞)
[PR]
by ou6lhbala6 | 2010-05-20 17:23

サッカーW杯南ア大会 開幕まで1カ月 (産経新聞)

 ■市民「世界に証明を」 大統領「準備整った」

 【ケープタウン=真鍋義明】We are ready−。サッカー・ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会まで、11日でちょうど1カ月となった。治安など懸念されている問題はあるが、開催国の南アフリカ政府関係者は「準備はできた」と強調。開催都市の市民らの盛り上がりはこれから、といったところだが、「南アもビッグイベントを開催できることを証明したい」と静かに開幕の時を待っている。

 「スタジアム、開催都市、そして南アフリカの準備は整った。パズルのピースは収まった」。現地時間8日夜、南アフリカのジェイコブ・ズマ大統領はアフリカ大陸最大の観光見本市「INDABA2010」の開会式で、W杯開催へ向けた自信を表明した。国際サッカー連盟(FIFA)のジェローム・バルク事務局長も「南アは(前回の)ドイツにも引けをとらない世界最高のスタジアムを整備した」と持ち上げた。

 南アはこれまで、交通機関や道路の整備に1700億円以上を投じてきたほか、治安対策として約158億円をかけて約4万1千人の警官を動員するなど巨額の公費を投入。日本代表が第2戦を戦う南ア東部のダーバンや準決勝が開催される南部の大都市・ケープタウンでは、道路などの一部の工事が完了していない部分も見られるが、観光局のスタッフ、アレキサンドラさん(23)は「1カ月後には間に合う。心配はない」と話す。

 こうした関係者の意気込みと比べ、市民らはW杯を冷静に受け止めている。

 「(南アで人気の)ラグビーやクリケットのビッグマッチがあるため多くの関心がそちらに行っている。まだまだ先」と話すのは、南アで観光ガイドを務める女性。実際に、試合会場の各都市ではショップに関連グッズが並んだり、スーパーにカウントダウンのボードが設置されたりしているほかは目立った盛り上がりは見られず、お祭り騒ぎにまではなっていない。

 ただ、「世界最悪の治安」とも伝えられるイメージ改善や、W杯後の国の発展に対する市民の期待は大きい。ケープタウンのタクシー運転手(56)は「W杯の開催は国にとって大変いいことだ。私たちがホスト国として大会を成功させられることを世界に示したい」と期待を込めている。

アパート火災 女性1人死亡 千葉(産経新聞)
両陛下が学童クラブをご訪問(産経新聞)
宮崎の口蹄疫で殺処分の家畜、国が全額補償(読売新聞)
4月の振り込め被害が最悪=緊急撲滅月間実施へ−高齢者宅訪問も・警視庁(時事通信)
毎日動画アワード 大賞に北海道の長瀬芳伸さん(毎日新聞)
[PR]
by ou6lhbala6 | 2010-05-13 05:15